生活

ヨーグルトメーカーで自家製ヨーグルトと甘酒を作ってみた

ヨーグルトメーカーを使うとかなりお得にヨーグルトと甘酒を家庭で作ることができます。R1ヨーグルトをヨーグルトメーカーで増やして家族で食べています。
 
妊娠6か月の時に両親教室に参加したのですが妊娠中の症状について周りの方と話をする機会がありました。そこに参加していた同じぐらいの週数の妊婦の方たちの多くが便秘に悩まされていました。私はというと全く便秘で悩んでいませんでした。臨月の今も便秘にはなっていません。
 
原因を考えてみたところ、結婚した時からタニカのヨーグルトメーカーを使ってヨーグルトや甘酒を定期的に作り食べていたからではないかと思います。 ヨーグルトメーカーのおかげで安くおいしくヨーグルトと甘酒を飲む習慣を続けられているのでどのように作っているのか紹介したいと思います。
 

結婚してからヨーグルトメーカーを買った理由

R−1ヨーグルトを毎日食べていた実家の影響です。 実家にいた時に母がR-1ヨーグルトを毎日大量に買ってきた時期があったんです。 お金はかかるけど健康にいいでしょ、インフルエンザにみんな数年かかってないしと言われました。 確かにR-1ヨーグルトを食べていた期間にインフルエンザにかかることはありませんでした。 ヨーグルトは毎日摂取しようとするとそれなりにお金がかかります。特にR1ヨーグルトなど効果の高いものを毎日食べたいですが、家計が厳しくなります。安くヨーグルトを毎日食べたい!と調べていたところヨーグルトメーカーにいきつきました。初期投資として機械代はかかりますが毎日作れば元は十分取れる!と計算をして購入しました。そしてヨーグルトメーカーは甘酒を作ることもできたのです。

ヨーグルトだけでなく甘酒の健康効果もすごかった

説明書を読むと甘酒も作れるということで甘酒について調べてみると、甘酒は飲む点滴と言われるくらい栄養素が高いそうです。
個人の実感ですがヨーグルトよりも甘酒のほうが便秘解消に効いている感じはあります。
 

デザイン重視の方はカモシコ、機能重視の方はヨーグルティアSがおすすめ

家で使っているのはタニカ電器(TANICA) Tanikaエレクトロニクス発酵食品メーカー醸壺(カモシコ)です。
デザインで選びました!
 
同じタニカ電器さんから発売されているヨーグルティアという機種と今家で使っているカモシコはほとんど機能が同じです。
(発売順序はヨーグルティア、カモシコ、ヨーグルティアSの順です。)
現在ヨーグルティアSが上位機種です。
カモシコの設定温度は25度〜65度までです。
現在のタニカ電器さんのヨーグルトメーカー最新機種ヨーグルティアSは設定温度25〜70度発酵終了時ブザー付きなので機能重視の方はそちらがおすすめです。
 
 
同じタニカ電器から出ているブザー付きヨーグルトメーカーの最新機種

ヨーグルトメーカーの使い方

ヨーグルトの作り方

まず容器の消毒をします。
水を約50ml入れて500〜600Wで1分30秒です。
消毒後はふきんなどでふいてはいけません(雑菌が混入するので)
 
 
牛乳を少量入れてヨーグルトを入れます。
注意点としては種類別 牛乳と書いてあるものを使ってください。
それ以外のものだとうまくできない可能性があります。
ヨーグルトが1キロほど作れるので高価なヨーグルトを使うと得した気分になります(家ではだいたいR1ヨーグルトで作っています。)
 
 
少しずつ混ぜていきます。
 
温度と時間を設定して待ちます。
市販のヨーグルトであれば40度で約7時間くらいでできます。
 
〜7時間後〜
 
固まりました。
 
家ではだいたい蜂蜜をかけて食べています。
たまにジャムをかけていますがおいしいです。
1キロ近くできるので1週間くらいかけて2人で食べています。
賞味期限は牛乳の賞味期限が目安です。
 
 

甘酒の作り方

もち米1合を400mlの水で炊きます。(普通のお米で作ったこともありますがもち米の方が甘みが出ておいしかったです。)

炊飯したもち米と200mlの水を入れてよく混ぜます。
 
ほぐした米麹を入れてよく混ぜます。
 
温度とタイマーをセットします。
温度は60度です。説明書には時間が6〜10時間と書いてありましたが
時間短めから長めまで試してみた結果時間が長い方が甘みが出ておいしかったです。
説明書の時間無視して家では13時間で作っています(説明書の時間はオーバーしていますのでもしやるときは自己責任でお願いします。)
 
 
〜13時間後〜
家では牛乳と割って飲んでいます。
 
ホットミルク甘酒が好きです。
温めすぎると麹菌が死んで効果がなくなると聞いたので温めすぎないようにしています。
先に牛乳を温めて甘酒は後から入れています。
 
妊娠していない時はミルクティー甘酒も飲んでました!
甘酒は薄めて飲んでいるのでやはり2人で1週間くらいかけて飲んでます。
 
 
甘酒ヨーグルトなんてものも作れます。
試してみましたが個人的には別々で食べた方が好きでした。
 

ヨーグルトメーカがあれば安く簡単に大量にヨーグルト・甘酒生活ができます

そんなわけでスーパーで定期的に買っていると意外とお金のかかるヨーグルトと甘酒ですが、ヨーグルトメーカーがあれば簡単に安く大量に作れるのでおすすめです。
 
育児中の料理できない悩みが解決する保温調理鍋の活用法(シャトルシェフ) 子育て中は料理がなかなか思うようにできないです。子供が生後3ヶ月頃までは夕食の準備が思うように料理が進まなくて料理の出来上がりが遅く...