生活

手入れが簡単な鉄フライパンで料理がおいしくなる(リバーライト)

リバーライトの鉄フライパンを購入して半年以上経ちます。ものぐさな私ですがリバーライトは手入れが簡単な鉄フライパンなのでずっと活躍しています。そもそもなぜ鉄フライパンを購入したのかというとテフロンフライパンを半年でダメにしたことがきっかけです。テフロン加工のフライパンは強火はだめだったらしいのですが、強火でばっかり料理していたのと使用頻度が多かったのが原因のようです。ちょっと高めのテフロンフライパンだったので半年だめにしたことがショックすぎました。次こそは長期的に使える耐久性のあるフライパンがほしい!とそして手入れが簡単そうなものがいいと色々調べた結果、リバーライトの鉄フライパンを購入しました。耐久性と手入れ方法で選んだリバーライトの鉄フライパンでしたが、他にも色々と嬉しい効果があったので紹介したいと思います。
 
 
まずは買ったものを紹介します。
 
  • リバーライト 鉄 炒め鍋 極 ジャパン 30cm IH対応 日本製
 
2人なのですが2人ともよく食べるのでこの大きさを購入。

鉄フライパンを買うということでオイルポットと鉄フライパン用たわしも用意しました。

  • m.design MONO オイルポットmini 0.8L MAD-10

 

  • 亀の子 掃除用たわし 棕櫚たわし極メ
 
 

リバーライトは鉄フライパンなのに手入れが簡単

鉄フライパンは手入れがめんどうなイメージがありましたがリバーライトは違いました。
普通の鉄フライパンは使い始める時に空焼きや野菜くずなどを炒める必要があるようなのですが、リバーライトはその工程は必要がなかったです。最初は油ならしという作業が必要でしたが簡単でした。油返しという準備は毎回必要ですが特にめんどうに感じることもなく行えています。(油返しはフライパンをあたためて油をおたま1杯くらいをなじませて、その後オイルポットに戻すだけです。)
 
 

揚げ物を作るようになったので料理の幅が広がった

大学に行っていた頃、一人暮らしをしていた時に親にあなたが揚げ物すると火事が起きそうだから揚げ物はしないほうがいい、と忠告されました。自分でも揚げ物は油はねるのが嫌いで作るの苦手だったのでそれからずっと作らず。(揚げ物以外の料理はそれなりに作るのですが)
結婚してからも1回も揚げ物を作りませんでした。でも、鉄フライパンの油ならしをしていると油たっぷりあるし油なじませたほうがいいし揚げ物作ろうかなという気になってきました。まさか自分が自主的に揚げ物を作るようになるとは。夫が揚げ物好きなので料理の幅が広がって喜んでいました。





揚げ物作る時はガスコンロの温度調節機能が役立ちます。
 
 

デメリットは朝の忙しい時間に使うのには面倒

朝の忙しい時間に使うのは油返しの時間などを考えると大変なので、
朝時間がない時は小さめのテフロンフライパンを使っています。
状況によって使いわけするのがいいです。
 
 
 

鍋を変えただけなのに料理がおいしくなった

チャーハンがパラパラに作れておいしいです。テフロンフライパンで作った時とやり方変えてないのにすごいです。お肉もリバーライトのフライパンで焼いたほうがおいしい!私の料理の技術力は同じなのですが鍋を変えただけで料理がいつもよりおいしくなったので夫が喜んでいました。
 
 
 
ヨーグルトメーカーで自家製ヨーグルトと甘酒を作ってみたヨーグルトメーカーを使うとかなりお得にヨーグルトと甘酒を家庭で作ることができます。R1ヨーグルトをヨーグルトメーカーで増やして家族で食べ...