ブログ

iPhoneの音声入力でブログの文章を作成したら作業効率が上がりすぎた

voice-input-eye-catching-blog

スマートスピーカーのアレクサ(FIRE7)を手に入れてからほぼ毎日アレクサに話しかけています。子育て中に音声での操作の快適さに目覚めました。そこで音声入力でブログの下書きを書けないかなと思いつきました。評判のいいGoogleドキュメントをダウンロードしてiPhoneを使い音声入力でブログの下書きをしてみたら想像以上に最高だったのでブログで紹介したいと思います。

私がやっている音声入力の方法

Googleドキュメントを使いiPhone 6sで音声入力

音声入力が高精度と評判がよかったGoogleドキュメントを使って入力しています。全て完璧に入力できるわけではありませんが精度は高いと感じました。

音声で句読点も打てた(iPhoneから入力の場合)

iPhoneでは(、)→「てん」(。)→「まる」の発声で句読点も打てました。

長文を扱うのにGoogleドキュメントは使いやすかった

今まで何かiPhoneで書くときはiPhoneのメモアプリを使っていたのですが長文を作成するときはGoogleドキュメントのほうが個人的には使いやすかったです。

タイピングが好きな方だがそれでも音声入力のほうが速いし楽

かれこれ20年以上文章作成をタッチタイピングで入力していました。タイピング入力が好きな方ですがそれでも音声入力のほうがはるかに楽で速いです。

何かをしながら文章を入力することができる

散歩をしながらでもブログの下書きを書くことができます(あまりに周りに人がいたら怪しまれそうなので人がいないところ限定ですが)極端なことを言えば目をつぶりながらでも書くことができます。これってかなりすごいです。

子供が1人遊びしているちょっとの隙にブログの下書きのストックができた(今までブログの作業は子供が寝ている隙にしかできなかった)

現在育休中でずっと子供と一緒です。私がもし保育園に行かせていたら子供と接する時間が少なくなってしまうので起きている間は子供に集中すると思うのです。ただ、主人が仕事でいない時間が多く、ずーっと子供と一緒なので息抜きにブログの下書きをちょこちょこすることにしました。パソコンで作業しようとするとどうしても子供とがの距離が離れてしまいます。すると子供がこちらのことが気になるようで、落ち着きがなくなります。子供のそばでiPhoneを触っているのは気にならないようです。(なぜ今までiPhoneでブログの下書きを今まで書かなかったかと言うとフリック入力で打つのが面倒だったからです。ちまちま打つのがどうも苦手で。)そこで1人遊びをする子供の横でiphoneの音声入力を試してみたところ、いつも通りの様子で落ち着いておもちゃで遊んだりしていました。子供にとっても私にとってもメリットがありました。

iPhoneを使っているので子供にパソコンを触られる心配がない

子供の近くでパソコンを使ってみようと試したことがあるのですがパソコンが気になるようですぐ触ろうとしてしまいます。壊されそうで子供の前で使えません(パソコンの作業は子供が寝ている隙にしています。)iPhoneは気になるようですが触るとしてもすぐに移動させることができるため安心です。

高精度のGoogleドキュメントでも音声の認識は完璧ではないので修正は必要

デメリットとしては音声の認識が完璧ではないので修正が必要と言うことです。ただし、音声でも入力速度が速いのでそこのデメリットはあまり気になりませんでした。

ブログに取りかかりやすくなった

今まではブログを書くときは構えてこれから文章書くぞと言う気持ちで書いていました。そのため取りかかるのに時間がかかっていました。直接記事を書こうとしても、パソコンを取り出してワードプレスを開いてという手間があります。iPhoneは常に近くにありますし、音声入力に使っているGoogleドキュメントはトップページに置いているので一瞬で音声入力を開始することができます。この手軽さから音声入力を始める前と比べて圧倒的にアウトプットの量が増えました。ブログに書くネタがあるけどパソコンに向かっていると子供に邪魔をされる。時間が取れないと言う悩みがありましたが音声入力で解決しました。この記事は下書きを音声入力で行いました。予想以上に快適だったので今ブログを書いている人にはおすすめします。メリットが多すぎる音声入力でのブログ作成。もっと早く気づけばよかったです。今後も音声入力を活用してブログを更新していきたいと思います。