生活

(結婚相談所利用)30歳で婚活を始めてスピード婚した話(パートナーエージェント成婚退会)

私は婚活をしていたのですが、夫と出会いスピード結婚しました。婚活期間は1年以内です。周りからスピード結婚、スピード妊娠と言われるので経緯をまとめてみることにしました。

最終的に結婚相談所に入会して出会うことになりますが、その前に婚活パーティー、婚活バスツアーなどの体験を経て結婚相談所への入会を決意しましたので、のちに詳しく書いていこうと思います。
 
 

1年3ヶ月休職。仕事復帰後、婚活開始

ストレス(仕事量の増加・仕事の人間関係のトラブル・夫と会う前の当時の恋人との関係・自分の認知の歪みなど色々な要因)で不眠、食欲不振に陥り精神科に通院し1年3ヶ月ほど会社を休職していたのですが、同じ会社の別の部署で復帰。
当時付き合っていた恋人とやっと別れられて仕事にも復帰したタイミングで婚活をはじめました。
元彼からの脱却の反動かすごい勢いで婚活をしまして夫と出会ってから周りも驚くほどのスピードで結婚しました。
 
 

状況を変えたければ行動あるのみ!

色々昔あったことを思い出すとつらいのですが、過去のことでうじうじ悩むより前進あるのみです。
未だに過去のことで悩んでいたら今の自分はいないので行動してよかったと思います。
今は出産のため里帰り中なのですが、自分では無意識に「夫と結婚してよかった。」と頻繁に実家で言っているようです。

温厚な性格の夫と出会えて、体調を崩して会社を休職していた頃からは想像できないくらい幸せです。
 

婚活の軌跡

わかりやすいように最初に時系列にまとめます。
年齢 時期 状況
29歳11ヶ月 9月 元彼(付き合って3年半越え)とやっと別れられる。
30歳  10月 仕事復帰。婚活開始。まずは婚活パーティに参加。
  11月〜12月 婚活パーティ、婚活バスツアー、街コンに参加。
  12月半ば 結婚相談所(パートナーエージェント)の説明を聞きに行く。即入会手続き(12月半ばだったので開始は1月にしてもらう)
  12月後半 結婚相談所のお見合いの写真を撮りに行く
  1月 結婚相談所利用開始。結婚相談所経由で何人かとお見合い。
  2月18日 結婚相談所で夫と初めて会う
  3月1日 夫と付き合うことになる(真剣交際に移行)
  3月5日頃 結婚相談所の成婚退会申し出(真剣交際になったので退会していいのではないかという話になった。)
  3月8日 プロポーズされる
  3月25日 夫の両親に挨拶。結婚することを報告。
  4月初め 結婚式場を1件目見学しすぐ予約
  5月 家を探しに行く
  6月 両家顔合わせ
  8月 引っ越し、入籍
31歳 10月 結婚式。その後すぐに新婚旅行
  10月 新婚旅行の帰り際から体調不良。妊娠発覚
  6月 出産予定
 
出会ってから半年以内に入籍しました!
今振り返ってもスピード感ありすぎる。
出会って2週間で結婚する流れになっていました。
自分の親が体調悪いことがあって、両家顔合わせが6月になりましたが、それがなければもっと入籍早くてもいいくらいのスピード感でした。
なぜすぐに結婚を決意できたのかなども書いていこうかと思います。
 
 

最終的には結婚相談所(パートナーエージェント)で出会いました

周りに婚活のことを全く隠していなかったので、友達にどこの結婚相談所行ってたの?って聞かれるのですが

私が行っていた相談所はパートナーエージェント(PA)です。
結婚相談所は料金が他の婚活方法と比べると高いのでとにかく1、2ヶ月結婚相談所以外の婚活サービスを全力で試してみてこのサービスでは結婚無理そうと感じたら結婚相談所にすぐ入会しようと考えていました。
婚活はだらだら続けても効果がないと思い短期集中型で休日はほぼ婚活の予定を入れていました。
(その考えがスピード婚につながったと思います。)
 
 
まずパートナーエージェントに行く前に試した婚活の実体験を書きます。
 
 

パートナーエージェント利用前に試した婚活

婚活パーティー

  • 何社か婚活パーティに参加しました。
1社はプロフィールカードを会場到着後書かされて5分くらい話して、男性がぐるぐる移動する。
1社は事前にプロフィールカードをネットで入力。会場到着後タッチパネルに相手の情報が届いているのでそれを見て会話
(相手には事前に入力した自分の情報が届いている)という感じ。こちらも10分もしないうちに男性がぐるぐる移動する。
6回ぐらい参加しましたがカップリングは1度も成立せず。
欠点として話す時間が5分、10分で区切られてしまうので浅い内容の会話にしかならないなと感じました。話す時間短すぎて全然相手のことがわからなかったのが残念です。
婚活パーティに参加して自分には合わないと感じ1人とじっくり話す形式がいいなと思い、結婚相談所への入会を検討し始めます。
 
 
  • 地元主催の婚活パーティ
立食パーティで席は最後の方に自由に動けました。
2回行って2回ともカップリング成立したけど、その後のメールをやり取りする段階で合わないですねということになり消滅。
どちらの方も自分とは将来の生活に関する価値観が違っていたので、婚活パーティで価値観の合う人見つけるのなかなか厳しくないか?と感じた出来事でした。条件が年齢ぐらいしかない中で会う方なのであまりに来る方の幅が広すぎます。
 
 

婚活バスツアー

 
  • 参加前の考え
万が一カップリング成立しなくても観光できてお得
男性の年齢が30〜45歳の範囲だったので、観光内容も若い人好きそうだし40代の人は少ないのではないか?と予想。
 
  • 料金
私が参加したツアーの女性の参加料は9500円(昼食付き)でした。
男性の方がなぜか料金が高かったです。
 
  • 実際
当日キャンセルが出たようで男性14名、女性12名ぐらいの人数で男性の方が余っていました。
男性参加者が30代2人しかいない衝撃!!!ほぼ40代の方で大誤算です。
(40代の人も魅力はあると思うんですが参加当時30歳の自分としては10歳も上の人と結婚って想像つかなかったのです。)
でも参加した以上は相手のいいところ見つけようと一生懸命会話。
 
観光は短すぎて全然見られず(メインの場所の見学1時間ぐらいで終了。)
他の女性の参加者も「え!これだけでもう帰るの!?」って感じの反応になっていました。
あと移動中はずっと異性と会話します。会話のための自己紹介カードを
休憩する場所で男性が席を順番にずれて移動する感じでした。
集合時間が異様に早くて場所も不安だったので朝5時起きで行ったので最後ぐったりしてました。
 
  • 婚活バスツアー反省
長時間拘束+料金の割には出会える効率悪いと感じました。
今回相手の年齢が全体的に上すぎるという誤算があったので相手の年齢にこだわる人は30代限定など年齢を絞ったツアーがいいです。
観光はほぼできなかったです。
朝から夜まで初対面の人とずっと会話するので体力的にきついです。
 
婚活バスツアーは1回行ってもういいやってなりました。
旅行・観光好きなので最初の期待値が大きすぎたのもあるとは思います。
 

街コン(唯一友人と一緒に参加)

本がたくさん置いてあるカフェで街コンという変わったイベントに参加。
結果、本の話ばっかりしてました!
友達作りに来ている人にはいいと思います。
結婚には結びつくの厳しいです。
 
 
2ヶ月間の休日の予定を婚活パーティ、婚活バスツアー、街コンに全て費やし経験してこれでは結婚相手に出会えないと感じ結婚相談所への入会を決意します!

なぜパートナーエージェントを選んだのか

  • プロにアドバイスをもらいたかった
パソコンで条件を検索して相手を探すデータマッチング型の結婚相談所もありましたが、それでは今までの婚活とそんなに変わらないような気が自分の中でしていました。
とにかくプロのアドバイスがもらいたい!という思いが強かったのでアドバイザーがいる仲介型にのみ絞り結婚相談所を探しました。
 
 
  • 結婚相談所としては珍しいPDCAサイクルを採用
コンタクトの後の検証、振り返り作業があるということがパンフレットやホームページに書かれており魅力を感じました。
全然違う方面からですが精神科に通っていた時に復職支援施設で病気を再発しないためにやたら振り返り作業が大事って言われていたんですよね。
婚活でも失敗を繰り返さないために振り返り作業をするのは大切だと感じたのでこのPDCAサイクルの記述を見た時にここに入ろうかなと思いました。
1年以内の活動を考えていたので1年間利用時の料金を計算。納得できる料金だったのと、最終的に無料説明会での説明が説得力があったのでそこで入会することに決めました。
 
 
  • 独身証明書の提出の義務があり安心感がある
これはどこの結婚相談所でも当てはまるとは思うのですが、独身証明書の提出の義務があります。婚活パーティではそこまで提出が求められず、遊びできている人がまぎれこんでいる可能性もあります。
結婚相談所は独身証明書の提出があり安心です。入会金もかかりますし、結婚に対して真剣な人が多いので結婚につながりやすいです。
 

パートナーエージェントで活動するにあたって心がけていたこと

とにかく会ってから判断

コンシェルジェの方に言われたのが、プロフィールの配信の段階で断らないでできるだけ会ってから判断してくださいということです。私もプロフィールだけでは判断できないだろうという考えだったのでそこではほとんど断らなかったです。(プロフィールの文章の日本語が明らかにおかしかったりした場合は断ってしまいましたが。)プロフィールの段階で相手に断られても気にしないでいいよとコンシェルジェに言われていたのでそういう相手のことは特に気にしなかったです。

会う前に相手のプロフィールをとことん読む

プロフィールの情報はそこまであるわけではないので暗記するぐらい読んでから相手に会いました。会うときは初対面で1時間ぐらいしか時間がないです。しかも将来の結婚相手になるかもしれない相手に関することです。プロフィールをしっかり読んで話を引き出せる状況にしました。
 

待ち合わせの時の目印情報はわかりやすく書く

パートナーエージェントでは待ち合わせ場所を相手と決めて目印を記入します。
基本的に駅で待ち合わせにしましたが相手に「黒いビジネスバッグ持ってます。」って書かれてもいや、黒いビジネスバッグ持ってる人多すぎてわからない!ってなります。(実際にこのようなことがあって会えるか不安になりました。)
男の人でしたら黒い色を身につけることが多いとは思うのですが小物に派手な色持ったり工夫してあげると相手が喜ぶと思います。
私はカバンの色や上着の色がカラフルでわかりやすいものを1点は身につけてそれを目印として記入していました。
 
 

自分のネガティブな情報は初回で相手に伝える

精神科通院歴があることと1年3ヶ月休職していたことは初めて会うときに必ず相手に伝えていました。後から話して断られた時にダメージが大きいというのと、将来の結婚相手になるかもしれない相手には必ず伝えなければならない内容だったからです。
 
 

条件は絞りすぎないほうがいい

不規則勤務の人は自分の仕事のパターンと合わないかもと思い(自分が不規則勤務から土日休みになったので)

不規則勤務の人は条件から外そうかなと思っていましたが、パートナーエージェントでは不規則勤務などの条件は絞れないので自分で聞いてみてくださいと言われました。
結果的に夫は不規則勤務だったので条件しぼりこまなくてよかったです。

あと余談ですがおもしろかったのは自分の身長と同じぐらいあれば相手の身長はそこまで気にしていなかったので上限は何センチでもいいと答えたら250センチまでと書かれてアドバイザーさんにつっこみました。
 

結婚して自分が相手に何ができるかを考える

パートナーエージェントの初回入会の時に説明担当の方に結婚してから相手に何ができるか考えていますか?と聞かれました。結婚相談所に入会する前に自分の強みと相手にできることをノートに書き出していたので、考えていることを伝えると相談所の方にそれはいいことだと共感してもらえました。

自分は仕事が少し特殊で2年ほど出勤日に毎回、会社の料理当番で上司や後輩にも料理を出していた経験がありました。人に出せるレベルの料理は作れるということなどノートに書き出してました。

婚活では行動力のある人が有利

1回会った後にお互いに次も会いましょうとなった人がいたのですがこちらから連絡しても返信がとても遅く、次会う予定がずっと決まらない方がいらっしゃっいました。結局、熱意が感じられずこちらからお断りをしました。

夫ははじめて会って、連絡先を交換できた後すぐに連絡をしてくれて次会う予定もすんなりと決まりました。その後も期間が決まっていますので、と短期間でかなりの回数会ってもらい好感度がとても高かったです。結婚相談所は毎月会費がかかりますし短期集中型で活動することが相手にとっても自分にとってもメリットがあります。

結婚の決め手

ちょうど夫と出会って2週間もたたない時に父が事故で入院になってしまい最悪寝たきりになるかもという状況になりました(今は奇跡的に回復し歩けるまでになりました。)

その時に夫が支えるから大丈夫と言ってくれたこと、手紙を書いてくれて内容に感動したという出来事があり、出会って3週間経たずに結婚を決意しました。(出会ってすぐの人にそこまで言えるのは未だにすごいと思っています。)

そんなわけでパートナーエージェントで出会った夫と無事成婚退会し今に至ります。

後からわかったのですが私と夫の担当のコンシェルジュさんがまさかの同じ方でした。この2人は合いそうだな、と思い引き合わせてくれたとのこと。コンシェルジュさんが凄腕だったようです。私は紹介4人目で夫に出会いましたが夫はなんと私がはじめて紹介された人だったようです。入会時期も私が入会した1ヶ月後に夫が入会するという奇跡のようなタイミングだった模様。

2人とも入会してすぐに成婚退会になったのでPDCAサイクルの振り返り作業をすることもなく婚活を終了しました(振り返り作業どんなことするのかちょっと気になりました。)こんなこともあるんですね。

成婚退会後もサービスが受けられた

これは入会前は知らなかったのですがアニバーサリークラブという成婚退会した後に利用できるサービスがありました。私はアニバーサリークラブで結婚式場を紹介してもらいそこで結婚式を挙げました。

自分の力では思いつかなかった結婚式場だったのでアニバーサリークラブというサービスがあってよかったです。

パートナーエージェントのおかげで今の生活があります

私はパートナーエージェントに入会して人生がいい方向に動いたので、友人に結婚サービスについて相談された時は全力でおすすめしています。結婚相談所への入会はハードルが高い方が多いとは思いますがまずは無料相談で話を聞いてみるのがいいです。

成婚退会時にもらいました

成婚退会の日に相手と最初にあった日にち、場所、時間と相手と自分の紹介文が書かれた写真立てをもらいました。大切にします。

パートナーエージェントさん、夫にあわせてくれて本当にありがとうございました。 パートナーエージェント

 
ヨーグルトメーカーで自家製ヨーグルトと甘酒を作ってみたヨーグルトメーカーを使うとかなりお得にヨーグルトと甘酒を家庭で作ることができます。R1ヨーグルトをヨーグルトメーカーで増やして家族で食べ...