ブログ

持ち歩きサブ機にiPadではなくChromebookのIdeaPad Duetを購入

lenovo-ideapad-duet

去年から持ち運び用のブログも更新できるような端末がずっと欲しいなと思っていました。しかしなかなか理想のものに出会えずにいました。最終的にChromebookのIdeaPad Duetを購入しました!これがとても使える端末で気に入っているので紹介します。また購入に至るまでの経緯と使用感を書いていこうと思います。

持ち歩き用のサブ機に求めていた機能

持ち歩き用のサブ機に求めていた機能をまず書き出しました。

  • 持ち運びたいためなるべく小さく軽いもの
  • メールチェック
  • ブログの更新(キーボード付きで文章入力できる)
  • スマホ以上ノートパソコン以下ぐらいの立ち位置のものが欲しい

ちなみに今まで外出時の隙間時間は文字入力しかできないポメラでブログの下書きなどをし、家に帰ってからデータをパソコンに移して作業していました。

ポメラについての過去記事はこちら

ちなみにChromebook購入直前に私が所有しているものはノートパソコン2台(MacBook、Windows)、fire7タブレット、Kindle端末、ポメラです。ノートパソコン2台は家用で重量があるので持ち歩きは厳しいタイプでした。

一時検討したもの

iPad、iPad mini

まず最初に思いついたのがiPad。iPad miniやiPadが最初気になったのですが、iPadを文字入力に使うイメージがあまりわかず。そしてiPad自体も高いのに純正のキーボードを調べると別売で1万円以上するのを見てびっくり。そもそも用途的にはiPad使うほど高い性能を求めていないので見送りました。

Surface Go

家電量販店で見かけてこれは持ち運びにぴったり!と大きさ、重さ共にいいなと思いました。しかし値段が高い!普通に高機能なノートパソコンですね。そこまでの機能求めてないので見送り。

購入したのはChromebookのIdeaPad Duet

そんな時に発見したのがレノボのChromebook、IdeaPad Duetです!

lenovo-ideapad-duet

本体に加え、キーボード、カバーつきで5万円以下で買えてしまうコスパ最高のノートパソコンです。ノートパソコンにもタブレットにもなるのですが2-in-1タブレットと呼ぶそう。かっこいい!Chrome OSを搭載しています。ちなみにAmazon版だけ64GBと少なくなっているので要注意です(私は128GBのものを買いました。)

人生初のChromebookです!Chromebook以前から気になっていたので今回手に入れることができ嬉しいです。実は発売したばかりの時から気になっていました。発売したばかりの頃は人気で在庫がなかなか入らなかったようです。

初めてのクロームブック

初めてのクロームブックでしたが1時間ほどで全体像をつかみ、違和感なく操作できています。グーグルドキュメントやグーグルフォトを普段から使っていたのでそれもよかったのかもしれません。

スペック的にあまり動作を期待していなかったのですが、サクサク動いて快適です。この子使える!と何度も1人でつぶやいたほど。私の求めていた用途に本当にぴったりでした。

しかもキーボードとカバー付きで4万円台で買えてしまったのでおそろしいコスパです。これは爆発的に売れるのも納得。本当に使ってみて思った以上に最高でした。

IdeaPad Duetの使用感

メリット

起動が早い

文字のみ入力できるポメラも起動が一瞬でびっくりしましたがこのidea padも起動が早い!起動してから2分ほどでブログのワードプレスの編集をできるのです。理想すぎる。

今まで隙間時間にポメラで文章を作っていましたが、ポメラはパソコンにSDカードで文章を移動する手間があります。ただしポメラの方が軽くidea pad duetと比べると約500gの差があります。

ポメラは文章入力しかできないので余計な気が散らないという利点もあるので、状況によって使い分けて行こうと思います。ちなみに私は今1歳児を子育て中で保育園に預けて通勤しています。荷物が少ないときはIdeaPadを持っていけるのですが、荷物が多い日はIdeaPad持っていくの厳しく感じました。

lenovo-ideapad-duet lenovo-ideapad-duet-case

本体+キーボードで約944g、本体+キーボード+カバー含めると重さは約1189gでした。

ちなみにケースは楽天でローズ色を買いました。焼き芋みたいな色でかわいい。サイズもぴったりで安かったので満足です。

キーボードが意外と打ちやすい

キーボードの入力も思った以上に快適です。キーが小さい部分があるのでちょっと心配だったのですが、違和感なく入力できています。

参考によく持ち歩いているポメラDM100とIdeaPad duetのキーボードを比べた写真を載せておきます。

lenovo-ideapad-duet-keybord

ブログに直接書き込めるidea padのほうがブログ更新に関しては個人的にやる気が出るなと感じました。

マウスがなくても画面をタッチすることで操作できるのでスムーズに作業できる

膝の上で作業していると場所がなくマウスを使えないのですが、マウスで操作したいなという場面では画面をタッチして使っています。これが本当に便利。

デザインがかわいい

デザインがかわいいです。水色がかわいい。付属のファブリックカバーの質感も好きです。

lenovo-ideapad-duet lenovo-ideapad-duet

コスパが良すぎる

コスパが良すぎたのが購入の決め手です。iPadでもやりたいことはできたと思うのですが、色々揃えると予算オーバーでした。そして自分のやりたい作業はブログの更新だったり作業内容としてはそこまで性能がなくてもいいものでした。Chromebookはそのバランスがよかったです。

デメリット

ポケットwifiがないとできないことが多い

ポケットwifiを忘れるとできることがかなり狭まるのでポケットwifiを忘れないように気をつけています。

ソフトをインストールして使えない

私は画像編集をGIMPというフリーソフトですることが多いのですが、IdeaPad duetはChromebookなのでそれができないです。ただ、Web上で画像ができるサイトもあるのでそちらを使えば画像編集をできなくはないです。私はGIMPを使うような画像編集は家でしています。

重い作業や複数のことを同時にしようとしている人には向かない

私は外で動画編集をすることはないのですが、ヘビーな作業をしたい人には向かないと思います。Chromebookは外で軽い作業をしたい人にはぴったりの端末だと感じました。複数のことを同時にすることは画面もそこまで大きくないですしスペック的にも厳しいかと思います。

膝上での作業はしんどい

これはIdeaPad Duetだけの問題ではないのですが電車の待ち時間に膝上で作業していたら次の日首がかなり痛くなってしまったので私は膝上での作業は諦めました。外で持ち運ぶ場合、タブレットとして使うのでなく文字入力の場合は机は必要だと感じました。

意外と重い

上記で説明したようにキーボード+カバー+ケースで1キロを超えるので思ったより重かったです。カバーが重いです。カバーの重さもう少し軽ければなと残念に感じます。私の場合保育園の送迎で荷物が多い時があるのでそういった場合で文字入力の作業がしたい場合はIdeaPadを諦めて軽いポメラを持ち運びます。

若干重さがあるので外出用に買ったIdeaPadですが、家で使う機会が増えそうです。我が家には1歳児がいて、子供の前でMacやWindowsは壊されそうでこわくて使えていません。クロームブックはそれより安いのと小さいので家の子供の手が届かない高い場所で操作するのに使えそうだなと思っています。

lenovo-ideapad-duet

別売のUSIペンを買ってみた

IdeaPad duetですがUSIペンというものが対応していると聞き、レノボ公式ホームページからUSIペンを購入してみました。

Lenovo公式ホームページ

lenovo-usi-pen lenovo-usi-pen

単6形電池で動きます。

lenovo-ideapad-duet-usi-pen

squidというアプリをダウンロードして早速USIペンを使ってみました。私の場合は文字が書ければいいレベルだったので問題なく使えています。

マインドマップをパソコンやタブレット上で手書きで気軽に書いて保存したいと以前からずっと考えていたのですが、このペンのおかげでそれが叶いました!

手軽に作業したい人にChromebookはおすすめです

ブログの記事が直接編集できたり、持ち運びしやすく手軽で常にそばに置きたくなる製品でした。購入してよかったです。私みたいにChromebookをサブ機として初めて使う人にIdeaPad duetは選択肢としていいと思います。思った以上に快適で魅力がありました。Chromebookがある生活は楽しいです。